読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kiko日記

日常のあれこれ

雪の日に晴れの日

今日1月15日(日)

昨日から断続的に降り続いている雪模様の中、末娘と未来の旦那さんの結納の儀を無事に終えることができました。

 

昨日のブログにあげたとおり、両家の近場の料亭で執り行いましたので、足もとの不便はほとんどなかったです。

 

娘カップルはなんと保育園から高校までずっと同じ。

 

幼馴染みから始まり交際に発展。

 

紆余曲折はあったものの、めでたく婚約の運びとなりました。

 

母親として長い間見守ってきた私にとっては、本当にやれやれです。

 

幼馴染みと言ってもご両親のことはよく知らずにいたので、ほぼ初対面に近い状態でお出会いしました。

 

ですが、とても気さくなお人柄で、緊張することもなく和やかな顔合わせとなりました。

 

ざっくばらんなご両親ですので、娘もうまくやっていけそうだなと思いました。

 

有難いことです。

 

若いカップルなのでまだまだまわりの支えが必要ですが、主役の二人が助け合いながら、新しい家庭をしっかりと築いていってほしいです。

 

みんなで食事をしながら、窓の外の積もる雪を見て「雪の日の晴れの日やね。きっと忘れることのない日になるね」と語り合いました。

 

本番は7月。

祇園祭宵山の日。

 

まだ少し先ですが、でもきっとあっという間に来るのでしょうね〜。

 

二人は新居を探したり、式の打ち合わせなど、それまでにやらなければいけない事がたくさんあります。

 

嫁ぐ娘を母として、もうしばらく側で支えてやりたい、そう思っています。

 

母と、独身最後の娘との、やさしい時間をたくさん作るつもりです。